2010/11/29

ぬかづけRock'n Roll

今日は、ぬかづけの仕込み日ぃ♪

ぬか漬け最高ぅ!!!

漬かってるかいぃ?Yeah

充分漬かってるよなぁ?Yeah~~~~!!!

今日は、テッパンのメンバーを紹介するぜぃ。

まずは、カブぅ!白い肌がぬかの中から見え隠れのが、とびきりSEXYだぜぃ。つるつるした肌が半日でフニャフニャになるのだぁ。世の中の女性諸君っ!時間は待ってくれないぜぃ!

次は、ニンジンっ!!おまえは、何でニンジンっなんだぁ!なんでオレンジ色なんだぁ。2日たってもまだまだ硬いじゃないかぁ!なんで硬いんだぁ!!

最後は、定番、キュ~~~リィィィ。緑黄色野菜の王様ぁ。何でも吸収しちゃう恐ろしいヤツぅ。余計な塩分、吐き出すエネルギィ。


この最強のトリオが、奇跡のぬかづけを作るためだけに集まったんだぁ~ぜぃ。

それでは、魂をこめて歌い上げるぜぃ。



「ぬかづけRock'n Roll」
作詞:enufikih 作曲:enufikih


今日はぬかづけうれしいな

ニンジン、キュウリ、カブ、お塩

半日で出来る保存食

明日のごはんがたのしみだ

2010/11/24

Mr.PP

最近ブログに限界を感じてきた私は、なんとかブログを存続させるためがんばってきました。

そのため私は、小説だったり絵、写真、書道などなど創作活動の発表の場にしていますが、あまりにも思いつきの浅すぎる作品なので、自分でも自分が嫌になってきてます。

悩んだ末に、私は、これまでにない狭く深い、一生をこの趣味のみでもよいと思えるものをさがしました。

私の人生を表現できるもの。

私は、幼稚園~小学校のころ約1年くらいピアノを習っていました。姉が習っていてレッスンが終わるとお菓子をもらえたため「俺もやりたい」と習い始めました。区の公会堂で発表会をしたのを薄い記憶で覚えています。

そうだ、俺は、ピアニストになろう。40歳からのピアニスト。

現在、電子ピアノを買う準備を整えています。KORGというメーカーのSP-170というのが、3~4万円で買えるそうです。電子ピアノは、キーボードとは違い本物のピアノの鍵盤のタッチに近いそうで、このKORGの電子ピアノは金額のわりにかなりのレベルなんだそうです。ヤマハあたりの電子ピアノだと安いものでも15万円以上になってしまいます。

私が口先だけの男じゃないのは時間が証明します。

みなさん、1年待ってください。1年たったら、結婚式の余興でショパンを弾いている私がいることでしょう。

みなさん、3年待ってください。3年たったら、銀座のフランス料理店で雇われピアニストにっていることでしょう。

みなさん、10年待ってください。10年たったら、「40歳からのピアノを弾く方法」というベストセラーを出版していることでしょう。

そして、60歳を迎えるころ、私は、世界中のピアニストから尊敬と憧れを一身に浴びこう呼ばれているでしょう。

Mr.PP

と。

2010/11/16

前髪

9月にハエギワ問題を提起しましたが、スカルプDシャンプーの効果を発表します。

効果は、



「わからない」


でした。


さて、昨日の夜風呂上り濡れた髪の毛が鼻の頭に当たりました。ここまで伸びていたなんて。アッタマに来た私は、早速、ハサミでバッサリ水平に切りました。

あ、ちょっと短く切りすぎたと思ったんですが、切ってしまったものはしょうがない。前部分のサイドをちょこちょこ切っていたら、ヤバいっ、このまま切り続けたら取り返しのきかないことになる。

朝、髪をとかしてみると、前髪が一直線に。仕方がない、自分でやったんだから。

妻がみて、「イジリー岡田みたい」

会社で痛風さんから「なぎら健壱みたいですね」

あ~あ。

家に帰り鏡を見ると、2度目のアッタマきた状態になり、サイドと後ろを切ってやろうとハサミを探すと、妻が、

「私が切ってあげるよ。そうだ、この間イトーヨーカドーで買ってきたアレを使おうよ。」





アレとは、髪の毛が飛び散らずキャッチしてくれる自宅用の床屋カバーです。

写真は、切る前の私です。アレをつけるとかわいいでしょ?







で、右が髪を切ったあとの私。写真ではほとんど分かりませんが、だいぶ後ろと横をカットしています。

切ってる最中、

「前の方ヤバイよ」「ここはデンジャラスゾーンだから切らないほうがいい」とか言ってるんです。

何を言ってるのかと聞いてみるとどうやら髪の毛が薄くなってきているということを言ってるみたいです。

はっきりモノを言う妻を持って、ますます髪の毛が抜ける思いです。




で、切ったあとの風呂上りの私です。どうですか?

様になったでしょ?

2010/11/03

カーナビ

がまの油で有名な筑波山へ行ってきました。

目的はもちろん登山です。朝の5時半に家を出発し、現地に着いたのが8時半。頂上へ到着したの10時