2012/12/29

年の瀬。

年の瀬12月も残りわずか。
これまでのたまりにたまった煩悩も、
除夜の鐘で清られるわけで、
実はもうすこし煩悩に支配されたい気分。
欲と欲のぶつかり合いが人間の世とすれば、
欲深い人ほど趣き深い人。
興に浸るは大人のたしなみ。




さて、クリスマスには我が家のドアに手作りリースを飾り付け。どうでしょう?

嫁が作ったものですがなかなか上等かなと誉めてつかわしました。



もちろん、室内でリース作りをしてましたが雑多な植物のため部屋の中は草の匂いが充満してました。

そのでも、変な実がついた植物があったのですが、この草が実に

「おじさん臭い」

んです。

わかりますか?洗濯物の生乾きのような、道路工事の警備員の仕事を終わった人の臭いのようなそんな臭いです。

匂いではなく、臭いです。

嫁は「おじさん臭い」「おじさん臭い」と文句いいながら一生懸命作っていました。そんなにおじさん臭いなら捨ててしまえばいいのに…。

その植物は何かはわかりませんが、下の写真はその「おじさん臭い」実です。名前わかる方いらっしゃったら教えてください。





その日の夜、我が家の前から見えるスカイツリーは赤く輝いていました。これはロウソクの火をイメージしたんだそうです。



クリスマスツリーをイメージしたグリーンもいい感じでした。



ちょっと前、ピンク色のときも有りました。これは、乳がんの日(10/1)限定みたいです。




青と紫が定番ですが、実はいろんな色がまだまだ有るようで、新年はどんな色になるんでしょうね?



夜は我が家で手作り料理です。かなり頑張って腕を振るってくれました。

1)蒸し野菜。
2)蒸しチキンのマスタードソースのせ。
3)青野菜サラダに生ハムと青オリーブをちらしています。
4)軽くトーストしたフランスパンに、アボカド&シーチキンのディップをつけて。
5)カボチャのポタージュ

ここまではすべて手作りでほぼ完璧な味付けです。

ところが写真左上のシュウマイ余計でした。陳健一監修の冷凍シュウマイで中身は変にフワフワしてて、まずくはないけれど…。

ま、いっか。



ろくに練習していないピアノをバックに、お酒はほとんど飲まない二人なので100%ブドウジュースをワイングラスをアクセントに、写真を撮ってみました。




夜11時を過ぎると雑誌の付録のプラネタリウム装置を組み立てて、部屋中ちょっとぼやけた星空を見ながら就寝しました(写真は暗すぎてわかりづらいのでカット)。



ことしもこうしてクリスマスっぽく過ごせることが出来て幸せです。




1 件のコメント:

早起き三太郎 さんのコメント...

俺その実を知ってます。ブルーベリーを干した物なのですが、それを道路工事の警備員のおじさんが、仕事後に脇の下で熟成させた物です。