2016/09/05

我が家の守り神


ここは東京北区は田端。
もうじきリフォームが完成する自宅庭の物干しの竹竿に、
見慣れぬ棒が微妙に揺れている。
覗き込んで見てみるとヘビの子供が。
はんてんを見ると、すわっマムシか?と緊張感が走る。
後でよく調べてみるとアオダイショウの子供のようだ。
ともあれヘビが生息していたなんて少々驚きだ。
その場で処分しようか迷ったが、昔からヘビは家の守り神。
夢で会えると吉祥の印。
そのままにして田端を後にした。

そいえば、
妻が猫を飼いたいとの要望に対して「ネズミを取らない猫はヤクタタズだ。それよりも泥棒よけの犬のほうが役に立つ」と力説していたが、妻は「犬は嫌で、オットリしたずっと寝ているよな優しい猫が欲しい」と意見の対立が、夫婦仲を引き裂く寸前まるで離婚前夜の険悪の雰囲気であった。

そこに、このヘビを放し飼いにすることで、ネズミを捕ってくれるわ、「ヘビ注意」のシールを玄関に貼っておけば泥棒よけになるに違いない。夫婦円満、家内安全の守り神として愛情注いで面倒をみていく所存である。





0 件のコメント: