2013/02/24

寒波到来

今週末は毎年恒例、奥日光へ温泉を楽しんできました。

昨年秋に戦場ヶ原へハイキングへ行きましたが、今回は一面雪原をスノーシュー でウォーキングです。

実は今週、今年一番の寒波がやってくるということで半ばあきらめての出発でしたが、現地に着くと(風は強いが)抜けるような青空でした。



素晴らしい天候と言いたいところですが、お昼近くにも関わらず気温はマイナス7度。

極寒です。

風は北から山を越えて空っ風が、地面の乾雪を舞い上がらせて湯気のようにあたりをくもらせます。

こんな寒さにも関わらず、小鳥が木の皮を一心不乱につついていました。私が近寄って音を出しても全く気にすることありません。

ザックザック、スノーシューでハイキング。すれ違う人もまばらでとっても歩きやすいです。下の写真の足跡は、実は木道なのです。

2012年10月のハイキング
今回のハイキング
ハイキング雑誌のモデルになれそうなベストショットを2枚。



ハイキングが終わると湯元温泉へ。こじんまりした宿ですが、硫黄臭漂う白濁の温泉が疲れた身体をいやしてくれます。

写真は、翌日の朝食を写したものです。16種の小鉢これ一人前ですよ。全員に同じ者が出ているんです。この小鉢の他に、焼き魚、湯豆腐、キノコ汁、ご飯など。見ただけでお腹いっぱいですが不思議と入るんですよね。 




さて、次の日はスキーを楽しもうと思っていたんですが、表は吹雪。地元の人に「今日はやっぱり寒いですか?」って聞いたら「今日は半端じゃない」って返事。とにかく風がすごいことになってます。さすがにスキーはやめて早めに帰ろうということになり車を走らせると、きのうの戦場ヶ原は全く違う景色になっていました。
帰ってニュースをみたら今世紀最大の寒波ってことで「納得」でした。それにしてもすごい吹雪でした。いろは坂は大丈夫かなと思いながらも、さっさと帰らないともっとひどいことになると思って勇気をふりしぼって湯元をあとにしました。
スキーする時間があいたので、やっぱり、佐野でラーメン&餃子をいただいて2時半には家についたのでありました。

0 件のコメント: