2010/02/16

地球温暖化?


「地球温暖化」と最近の寒さについて。

昨年夏くらいに「温暖化のうそ」を告発する本を読みました。

要約すると、ここ最近太陽の黒点がなくなっている状態が続いている。「黒点が減る→太陽からの宇宙線が減る→地球の雲が増える→日射量が減る」という主張。

実際17世紀末~18世紀前半に黒点がなくなり、結果、全世界的な寒冷化(半氷河期)のため農作物が育たず、深刻な被害(飢饉など)がでました

雲などによる太陽熱の遮断は間違いなく寒冷化を招くのは私でも理解できます。大規模火山噴火による太陽熱の遮断をみれば明らかです。

なるほど。

ちまたでは、温暖化による被害が叫ばれていますが、じつは寒冷化の方がその数十倍も被害が大きいようです。まずは農作物の不作による飢饉が発生し、食べれない人(国)による暴動(戦争)。これは歴史が実証してます。

ちなみに2008年は1860年以降の観測で太陽の無黒点日数が266日で過去4番目の多さ。2009年は11月末までで251日。すでに過去7番目につけているようです。

以上は、くどいですが「昨年読んだ本によると」です。

この不況を乗り切るため「湯たんぽ」を販売して儲けるかなとコタツに入りながら考える毎日です。


2 件のコメント:

早起き三太郎 さんのコメント...

それは名案です。
enufikih真理教を旗揚げしましょう。
お布施の殆どは、勿論湯たんぽのねずみ講商法です。

docyan さんのコメント...

賛成です。ついでにこたつも付けてゆたんぽ2個お願いします。最初の子ネズミにお願いします。
幹部の三太郎さんの次くらいで