2010/04/04

かっぱ橋商店街


カッパ橋商店街は、銀座線田原町駅より歩いて約5分のところから始まります。南北800mに走るメインストリートの両サイドに、料理にまつわるお店が100軒以上並んでいます。

料理にまつわる店って言うのは、鍋やお皿、包丁などの道具から、厨房施設、テープル、イス、のれん、ユニフォーム、看板などあらゆるものが売っています。そうです、飲食のお店を開業するためのあらゆる道具がそろっているんです。

私も将来そば屋を開業する時、利用することになると思います。

いつものように散歩がてら浅草駅から国際通りに入り浅草ビューホテルからカッパ橋へ向かいました。そういえば、三太郎さんが前に「合羽橋珈琲というカフェに一回行って見てください」と言われたのを思い出し、このカフェで「スパイシーカレーセット」をいただきました。白壁のおしゃれなカフェです。髭づらの店員がちょっと「あちら側」ぽかったけど、おいしくいただきましたよ。

さて、プロのための道具街というイメージの強かったカッパ橋ですが、行ってみて「だいぶ変わったなぁという印象でした。土日は個人のお客さんが多いみたいで、カメラぶら下げた人や家族でわいわいやっている人もいっぱいいました。

右はカッパ橋商店街の精神的支柱である「かっぱ河太郎さん」です。均等の取れた逆三角形の上半身と細身だが力強く大地を踏みしめた下半身が、金色に輝く身体にマッチして、一種独特な存在感を漂わせています。

女子のみなさん、一度だまされたと思ってカッパ橋にいってみてくださ~い!バリエーション豊かなお店、商品があなたを待っています。行ったら最後、食器やテーブル小物を買いまくってしまいますよ。

0 件のコメント: