2010/03/23

春望


御存知、中国は杜甫の『春望』です。

国、破れて山河在り
城春にして草木深し
時に感じては花にも涙を灌ぎ
別れを恨んでは鳥にも心を驚かす


これを昨日の私の心境に照らし合わせました。

夢、破れて山河在り
川口春にしてハマリ深し
時に感じては車券にも金を灌ぎ
選手を恨んでは新聞にも心を驚かす

3 件のコメント:

docyan さんのコメント...

種田山頭火の句を思い出します。

なんぼう考えてもおんなじことの落ち葉ふみあるく

(だから)

あるがまま雑草として芽をふく

お互い懲りずに頑張りましょう

早起き三太郎 さんのコメント...

42万円当たった時はごちそうさまでした。

enufikih さんのコメント...

42万円かぁ。そんな時もあったね。いまは、下記の心境です。


「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕はす。奢れる者久しからず、ただ春の世の夢の如し。猛き人も遂には滅びぬ。偏に風の前の塵に同じ」